お使いのブラウザは現在サポートされていません。最新のブラウザにアップグレードしてください。

Your browser is too old to handle this website. Please upgrade to a modern browser.

Category: 2016

プリズマティクス社とパートナー契約を締結

無印良品のMUJI passportの開発でご一緒させていただいた濱野さんが立ち上げられたプリズマティクス社のインテグレーションパートナーになりました。

スクリーンショット 2016-12-05 11.20.21

 

prismatix(プリズマティクス)はPC・モバイル・スマートフォンアプリ・ソーシャル・実店舗を問わず利用できるよう、クラウド(Amazon Web Services)ベースに構築されたECとCRMのためのAPI群を提供するサービスです。

 

『MUJI passport』『POCKET PARCO』『Coke ON』『BALMUDA』などの実績に裏打ちされた企画・実現力を生かし、ECとCRMのAPIプラットフォーム『prismatix』を用いた新しいビジネスの企画・開発の支援を実行していきます。どうぞご期待ください。

BAYCREW’S STORE

BAYCREW’Sのオンラインストア(PCおよびスマホ)の全面リニューアルに伴いUI/UX設計・デザイン・一部実装を行いました。

スクリーンショット 2016-12-05 11.36.47

企画にあたっては、ECサイトとしての使い勝手とファッションサイトとしてのデザイン性の両立を図りました。また、リアル店舗と連携した商品の店舗取り置き機能や、お気に入りを各店舗で情報発信を行っているスタッフまで登録できるようにするなど、オンラインストアとリアル店舗の購買プロセスをスムーズにつなぎ、ユーザーにとって最も便利な購買体験を提供するサイトになっています。

 

今後も、オンラインストア・リアル店舗・アプリを融合した新しい購買体験の構築を行っていきます。

 

 

BALMUDA The Pot

スクリーンショット 2016-09-27 12.54.50

 

 

BALMUDA The Potのお披露目が行われました。BALMUDAとしてはトースターに続くキッチン家電の第二弾。

 

スクリーンショット 2016-09-27 12.49.54

 

製品開発・コミュニケーション企画・クリエイティブ制作においては、トースターで得た知見・成功ロジックをベースに、BALMUDA社内クリエイティブチーム・マーケティングチーム・寺尾社長とともに企画・ディレクションを行いました。1年半で約15万台販売されたトースターに続くヒット商品を目指したいと思っています。

 

今後、続々とキッチン家電の開発・ディレクションを行い、素晴らしい体験を提供をできればと思います。ご期待ください。

 

BALMUDA The Pot公式サイトはこちら

Coke ON

スクリーンショット 2016-09-27 11.55.04

日本コカ・コーラの自販機連動型アプリ「Coke ON」の企画・UI/UX設計・デザイン・制作を行いました。

 

この新しいデジタルマーケティングプラットフォームは、いつでもどこでも気軽に利用することができ、気持ちを前向きに<スイッチ・オン>してくれるようなサービスをコンセプトに設計され、そのコンセプトから「Coke ON」と名付けられました。このアプリにより、お客様と製品ブランド、そして販売チャネルを繋ぐサービスを、よりパーソナルに提供することができます。

 

「Coke ON」のサービス第1弾として、4月8日より、「Coke ON」アプリに対応したコカ・コーラ自動販売機、「スマホ自販機」TMでのロイヤリティプログラムを開始します。このプログラムでは、お客様が「Coke ON」アプリを利用して「スマホ自販機」TMと接続した状態でコカ・コーラ社製品を購入すると、製品の種類やサイズに関わらず1本につき1スタンプが獲得でき、15スタンプたまる毎に「スマホ自販機」TMでお好きな製品1本と無料で交換頂くことができるドリンクチケットが獲得できます。

 

スクリーンショット 2016-09-27 11.49.59

 

日常的な接点にある自販機とアプリの融合により今後、さらなる機能追加や新企画も検討しています。どうぞご期待ください。

 

【弊社担当範囲】企画、UI/UX設計、制作およびアートディレクション

 

Coke ON公式サイトはこちら

『風と暮らす。』

 

無印良品のDC扇風機・サーキュレータープロモーションのコンセプト企画・ムービー制作を行いました。

 

かつて日本の家屋では、風通しの良い自然素材を使い、風が通り抜ける空間設計が行われていたため、暮らしの中に、いつでも風を感じることができました。

時代が進み、高機能な人工素材を使った気密性の高い住居が増え、家の中に風が入りにくくなっている状況に対して、無印良品から、心地よい風を暮らしの中に取り入れるという提案を行いました。

 

また、Instagram用にはフィード上でひと目でこの“心地よさ”を伝えるために短尺のムービーも展開しました。

 

『風と暮らす。』サイトはこちら
無印良品公式Instagramはこちら

12