お使いのブラウザは現在サポートされていません。最新のブラウザにアップグレードしてください。

Your browser is too old to handle this website. Please upgrade to a modern browser.

Category: 2019

BANK™ The Story

BANK™ BY AOZORA BANKのサービスの1つ「BANK The Story」。毎月、”人生を豊かにするお金の使い方”にまつわるコンテンツを企画・制作しています。

 

 

 

記事のセレクト基準は私自身が買いたくなるか、行きたくなるか、体験したくなるか、といった点に重きをおいています。その中からこの冬にふさわしい幾つかの記事をご紹介します。

 

 

■気軽にリゾート気分に浸れる、都心からのショートトリップ 39,480円〜

SORANO HOTEL

 

 

暮らし方や働き方が大きく変わり、旅の目的地も否応なく変化を求められている昨今。バケーションをとりたい気持ちは山々だけれど、行く当てが見つからないという人も多いのでは? もし、新宿からたった30分で非日常空間へトリップできたら。

 

続きはこちら

 

 

誰にだって”焚き火欲”がある? 11,500円

神奈川県・横須賀市の「焚火カフェ」

 

 

三浦半島のとあるビーチに、焚き火でコーヒーを淹れてくれるカフェがあります。その名もずばり「焚火カフェ」。ただし店舗があるわけではありません。”焚き火マスター”ともいうべき人物がビーチにひょいと現れ、火を熾(おこ)し、日没まで焚き火を囲みます。1日1組限定、完全予約制の「焚火カフェ」の正体とは?

 

続きはこちら

 

 

独特の音色の鮭箱ウクレレ「シャケレレ(R)ジュニア」 110,000円

役目を終えた鮭の木箱を活かした「ARAMAKI」のクラフト製品

 

 

北海道の伝統的な保存食「新巻鮭(あらまきさけ)」の木箱を活かしたクラフト製品の数々。身近にあった鮭箱の価値に惚れ込んだ2人のクラフトマンからなるユニット「ARAMAKI」が、それぞれの匠の技を活かして世に送り出します。バッグや家具、楽器、室内空間まで、独創的なフォルムとデザインに強烈な個性とインパクトを感じるに違いありません。

 

続きはこちら

 

 

12月以降も思わず私が訪れたり、実際に購入した上で満足度の高かったプロダクトなど紹介していきます。BANKアプリでは口座を開設しなくても、BANK™ The Storyを閲覧する事ができますのでぜひご活用ください。

 

BANK™ The Story サイトはこちら

BANKアプリについてはこちら

 

NEWS PICKS掲載

 

NEWS PICKS に「幸せな浪費と貯め方のススメ」という内容で記事が掲載されました。BANKのサービス開発にまつわる背景をお話ししています。良記事と好評なので、機会があればご一読をおすすめいたします。

 

記事本文はこちら

BANK™ BY AOZORA BANK

2019年7月、弊社にて企画・制作ディレクションを行った、あおぞら銀行の新サービス「BANK™ BY AOZORA BANK」がスタートしました。

 

 

今回は、ブランドコンセプトの構築からスタートしてロゴ、キービジュアル開発、BANK™ The  Debit・BANK™ The Savings ・BANK™ The Storyという3つの商品・サービス企画を行いました。またそれらをアプリの UI/UXに落とし込み、実装ディレクションを実行するとともに、サイト企画・デザインを実施。

 

お客様のお手元に届くカードやインビテーションのデザイン・制作も行い、サービス発表当日の記者発表会およびメディア誘致、PRコミュニケーションの設計、広告ディレクションまでトータルで行い、弊社10周年の節目における集大成とも言える活動となりました。

 

ブランドのコンセプトは「素晴らしい人生のためのマネーサービス」。銀行の決定版を目指して「BANK™」と名付けました。商品・サービス開発においては、これまでの銀行・金融業界の画一的なものとは異なり、個々人の生き方や価値観に応じて自由に使える「本当に役に立つ」サービスであることを重視しました。

 

 

 

各サービスの機能をアプリ上で実現するにあたって、[SIMPLE×SPEED=SMART]というコンセプトのもと、シンプルかつスピーディに、スマートな体験をしていただけるUI/UX設計を行いました。

 

 

 

キービジュアルには氷山写真家・遠藤励氏の写真を採用し、美しく端正なブランドの世界観を表現。このコラボレーションを端緒として、今後、さまざまなアーティストや媒体、小売ブランドなどとの取り組みを通じてBANK™ブランドの世界観を確立し、BANK™がブランドの代名詞となるようなビジョンを持って活動していきたいと考えています。

 

記者発表会においては、BANK™クリエイティブディレクターとして登壇し、 BANK™開発にまつわる思いや今後のビジョンについてもお話させていただきました。

 

(トークセッション内容の詳細はこちらから)

 

 

ライフスタイルが多様化し、「主体性を持って人生をクリエイティブに生きる」そんな時代が到来しています。BANK™は、そんな今だからこそ必要とされ、よりクリエイティブな人生を提案していく、「世界一クリエイティブなマネーサービスブランド」を目指しています。

 

閉塞感のある銀行業界において、時代の空気を掴み、先鋭的な思考と実行力を持って、「本当に役に立つサービス」の企画・開発およびブランドの世界観を推し進めるコミュニケーションを実行していきます。今後の展開にご期待ください。

 

 

<サービス詳細情報>

BANK™ 公式サイト

 

<記者発表会関連記事>

CNET

https://japan.cnet.com/article/35140068/

マイナビニュース

https://news.mynavi.jp/article/20190716-860505/

 

<制作クレジット>

企画・クリエイティブディレクション
プロジェクトマネージャー
アートディレクション
アプリUI/UX設計・デザイン
アプリ実装
グラフィックデザイン
Webサイトデザイン
Webサイト実装
 勝部健太郎(UNIT_ONE)
 五十嵐恒彦 (UNIT_ONE)
 佐藤寛(White)
 スズキ スムース(Speed Graphics) / 岡村浩志(5&UP)
 株式会社NTTデータ
 一瀬貴之
 今北舞
 FOURDIGIT / FOURDIGIT Design